LIMBOにポルカドットをベット!チップコントロールでコツコツ増やす!

今回は暗号資産(仮想通貨)の「ポルカドット(DOT)」をベットしてWOLFBETのLIMBOをプレイしてみようと思います!

攻略プラン
  • 暗号資産:ポルカドット
  • ゲーム:リンボ
  • 攻略法:3倍モンテカルロ法

ゲームにDOTをベットして増やす!

こんにちは!ホタルです!

最近はビットコインよりも、今後に期待されているアルトコインの方が話題になってたりしますよね。
その中でも、新しいインターネット空間「Web3.0」を創り出すことを目指しているブロックチェーンプロジェクトPolkadot(ポルカドット)には私も注目しています!

ポルカドットの特徴は、異なるブロックチェーンを繋げることができるところなんですよね。
インターオペラビリティ(相互運用性)という技術らしいんですけど、私が知る範囲で簡単に説明すると、例えば、ビットコインのウォレットにイーサリアムを送るには、間に取引所を通して変換する必要がありますよね?
でもポルカドットの技術では、この状況がクリアされ、取引所を通さなくてもビットコインのウォレットにイーサリアムを送ることができるんです!

なんかすごいですよね。

その他にも、パラチェーンという並列化され処理速度が速いブロックチェーンを使用することで、取引遅延や手数料の高騰が解消されるといった特徴があったりして、ネイティブトークン「DOT」の価格も上がり続けています。

ということで今回は、未来を変えるかもしれないブロックチェーンプロジェクトPolkadot(ポルカドット)のネイティブトークン仮想通貨DOTをベットしてウルフベットのリンボをプレイしてみようと思います!

リンボってクラッシュの影に隠れてるようなゲームだったんですけど、最近人気みたいですね。
基本的にオートでプレイしている人が多いと思いますが、今回は3倍モンテカルロ法を使ってチップコントロールしながら手動プレイでゲームを進めてみようと思います!

3倍モンテカルロ法の例

3倍モンテカルロ法はとても簡単!
まずメモを書く紙とペンを用意してくださいね!

  • 準備
    1単位を1DOTに設定
    初めは「1・2・3」という数列をベースに、両端の数字を足した数をベットします。
    この数字は単位を表していて、例えば1単位を1DOTに設定している場合は、1+3=4で4単位分の4DOTをベットします。
  • 1回目
    負け
    ゲームに負けた場合は、その時ベットした単位を数列の右端に追記します。
    数列は「1・2・3・4」になるので、次のベット額は1+4=5で5単位分の5DOTになります。
  • 2回目
    勝ち
    ゲームに勝った場合は、両端の数字を2つずつ消します。
    数列は「1・2・3・4」と全て消えるのでゲーム終了。

↑数列の数字が全て消えた時点で利益が出ていますが「1・2・3・4・5」と、数字が最後のひとつになった場合も利益が出ているのでゲーム終了になります。

ポルカドットをベットしてリンボをプレイ

リンボのゲーム画面

さっそく少額のDOTをベットしてウルフベットのリンボをプレイしてみようと思います。
今回は3倍モンテカルロ法を使ってゲームを進めていくので事前にちょっとした設定が必要になります。

ベット設定

設定といっても難しいことはなくて、
まず予想倍率(Target Payout)の数値を3倍にします。
そしてベット額(Bet amount)には、数列から算出した金額を入力するのですが、今回は1単位を0.00000100DOTに設定してゲームを進めるので、最初の数列「1・2・3」の両端の数字を足した4単位分の0.00000400DOTが最初のベット額になります。

ルール

  • 1単位は0.00000100DOT。
  • 3倍モンテカルロ法が3回成功したらゲーム終了でミッションクリア。
  • 1回のベット額が0.00010000DOTまで増えたら損切りでゲームオーバー。
-GAME START-

1回目

数列ベット額勝敗獲得金額収支
1回目1・2・30.00000400DOT負け0-0.00000400DOT

1回目、1.06倍で負け。
ここで勝ってたらモンテカルロ法はリセットなんだよね。
まぁ負けるの想定しててプレイしているので、チップコントロールしながら巻き返していきます。

ベット額の変更

負けた金額を数列の右端に追記、両端の数字を足すと1+4=5になるので、次のゲームには5単位分の0.00000500DOTをベットします。

2回目

数列ベット額勝敗獲得金額収支
2回目1・2・3・40.00000500DOT勝ち0.00001500DOT0.00000600DOT

2回目、25.73倍で勝ち!
余裕で3倍超えたね。
勝ったので両端の数字を2つずつ消すと、数字が全部消えるので、3倍モンテカルロ法はここでリセット。
この流れであと2回、ベッティングシステムが成功するまでゲームを続けてみます!

数列ベット額勝敗獲得金額収支
3回目1・2・30.00000400DOT負け00.00000200DOT
4回目1・2・3・40.00000500DOT勝ち0.00001500DOT0.00001200DOT

数列の数字が消えたのでモンテカルロ法リセット!
次成功すればミッションクリアです!

数列ベット額勝敗獲得金額収支
5回目1・2・30.00000400DOT負け00.00000800DOT
6回目1・2・3・40.00000500DOT負け00.00000300DOT
7回目1・2・3・4・50.00000600DOT負け0-0.00000300DOT
8回目1・2・3・4・5・60.00000700DOT負け0-0.00001000DOT
9回目1・2・3・4・5・6・70.00000800DOT負け0-0.00001800DOT
10回目1・2・3・4・5・6・7・80.00000900DOT勝ち0.00002700DOT0
11回目1・2・3・4・5・6・7・80.00000900DOT負け0-0.00000900DOT
12回目3・4・5・6・90.00001200DOT負け0-0.00002100DOT
13回目3・4・5・6・9・120.00001500DOT負け0-0.00003600DOT

13回目、2.63倍で負け。
んー、なんか長引いてきました。

ベット額の変更

負けたので、前回負けた金額を数列の右端に追記、両端の数字を足すと3+15=18になるので、次のゲームには18単位分の0.00001800DOTをベットします。

14回目

数列ベット額勝敗獲得金額収支
14回目3・4・5・6・9・12・150.00001800DOT勝ち0.00005400DOT0

14回目、6.69倍で勝ち!
やっと3倍超えてくれました!

ベット額の変更

勝ったので数列の数字を2つずつ消します。
両端の数字を足すと5+9=14になるので、次のゲームには14単位分の0.00001400DOTをベットします。

15回目

数列ベット額勝敗獲得金額収支
15回目3・4・5・6・9・12・150.00001400DOT負け0-0.00001400DOT

うっ!
また負けたの!?

ベット額の変更

負けたので、前回負けた金額を数列の右端に追記、両端の数字を足すと5+14=19になるので、次のゲームには19単位分の0.00001900DOTをベットします。

16回目

数列ベット額勝敗獲得金額収支
16回目5・6・9・140.00001800DOT負け0-0.00001800DOT

連敗!?
ウソでしょ!?
しかもベット額ミスってる!!!

ベット額の変更

モンテカルロ法で数列が長くなると、計算間違えってよくあるんですよね。
でもミスに気付いたら、そこから直していけばなんとかなったりします。
なので、前回ベット額を間違えましたが、負けた金額を数列の右端に追記、両端の数字を足すと5+18=23になるので、次のゲームには23単位分の0.00002300DOTをベットします。

3倍モンテカルロ法は数列の数字が最後に1つだけ残ってもリセットになるので、もし次勝てればミッションクリアです!

17回目

数列ベット額勝敗獲得金額収支
17回目5・6・9・14・180.00002300DOT勝ち0.00006900DOT0.00001400DOT

イェイっ!勝ちました!
ちょっと計算ミスしちゃいましたけど、そこまで大きな誤差はなかったのでよかったです!
最初にベットしたDOTを14倍に増やすことができました!

-MISSION CLEAR-

ゲーム履歴

3倍モンテカルロ法を3セットプレイしてみましたが、長期戦になって損切りすることもなく、無事ミッションクリアできました!
今回のように途中で計算ミスすることってよくあるので、そんなに大きな誤差でなければ、私みたいにそのまま進めちゃってもいいと思います。

興味がある人は試してね!