損切り貧乏回避!逆ラブシェール法でバカラを攻略!

バカラでXRPを増やすホタル

今回は暗号資産(仮想通貨)の「リップル(XRP)」をベットしてStakeのバカラをプレイしてみようと思います!

攻略プラン
  • 暗号資産:リップル
  • ゲーム:バカラ
  • 攻略法:逆ラブシェール法

損切り貧乏

こんにちは!ホタルです!

オンカジ&ブックメーカー攻略ブログ

損切り貧乏って言葉、聞いたことありますか?
損切り貧乏っていうのは、損失が大きくなる前にロスカットし続けることで、最終的に損失が膨らんでしまうという状況のことです。

これ、投資用語なんですけど、オンカジでもよくある現象ですよね?

損失出したくなくて、損切りラインを厳しく設定することあると思うんですけど、例えば、マーチンは3回までとか、でも、4回目で勝てる可能性もあるわけで・・・。
引く必要がないところで引いてしまうと、最終的にそれが積み重なって損切り貧乏になっちゃうわけですね。

損切りラインって決めるの難しいと思うんですけど、獲得したい金額と同じで、負けられない金額っていうのはわりと簡単に出てくると思うんですよね。

そこで今回は、負けられない金額を設定して、連敗したとしても、その範囲内でリスクを抑えることができるベッティングシステムを使ってステークカジノのバカラをプレイしたいと思います!

逆ラブシェール法

設定した目標金額を狙ってプレイするベッティングシステム「ラブシェール法」このブログでも私がよく使ってるので知ってる人も多いと思いますが、この手法を逆にして使うと、設定した最大損失額まで負けた時点でゲームをストップすることが簡単に出来るようになります。

まずは最大損失額(これ以上負けれない金額)を設定する必要があるので、ここでは最大損失額を100XRPに設定した例で説明しますね。

  • 準備
    最大損失額の分割
    はじめに最大損失額の100XRPを分割します。
    分割した数字の合計が100XRPになればOKで、特に決まりはないので、バランスよく数字をバラすことがポイントになります。
    今回は100XRPを「5・5・5・5・10・10・10・20・30」といった数字にバラしてみました。
  • ベット
    数列の両端の数字を足した数をベット
    逆ラブシェール法のベット額は、分割した数字の両端を足した数です。
    なので今回最初にベットする金額は5と30を足した35XRPになります。
  • 負けた場合
    負けたら両端の数字を消す
    もしゲームに勝ったら両端の数字を消します。
    5・5・5・5・10・10・10・20・30
    この場合、次のゲームにベットする額は、5+20=25で25XRPになります。
  • 勝った場合
    勝ったら右端に前回のベット額を追記
    ゲームに勝ったら、前回ベットした35を右端に追記します。
    「5・5・5・5・10・10・10・20・30・35」
    この場合、次のゲームにベットする額は、5+35=40で40XRPになります。

↑この流れでゲームを進めて、連敗してしまった場合、数列の数字が完全に消えた時点で最大損失額に到達します。

数列ベット額勝敗獲得金額収支
1回目5・5・5・5・10・10・10・20・3035XRP負け0-35XRP
2回目5・5・5・5・10・10・10・20・3025XRP負け0-60XRP
3回目5・5・5・10・10・10・2015XRP負け0-75XRP
4回目5・5・10・10・1015XRP負け0-90XRP
5回目5・10・1010XRP負け0-100XRP

↑逆ラブシェール法の場合は、数字が全部消えた時点で損切りすることになります。
注意が必要なのは、このベッティングシステムは、数字が全部消えるまで行う必要がないということです。

最大損失と同時に勝ち逃げする金額を決めておき、利益が出たらゲームはストップします。
ラブシェール法に慣れてると、数字が全部消えるまでやっちゃうので、本当に注意してくださいね!

リップルをベットしてバカラをプレイ

バカラのゲーム画面

さっそく少額のXRPをベットしてステークカジノのバカラをプレイしてみようと思います。

ベット設定

今回は目標金額の0.00001000XRPを「100・200・200・200・300」に分割してプレイしようと思うので、最初のベット額は両端の数字を足した0.00000400XRP。
逆ラブシェール法は2倍配当のゲームに有効なベッティングシステムなので、プレイヤーに賭け続けます。
ちなみに、バンカーにベットしても、配当は少しの差なので特に問題ないです。

ルール

  • 最大損失額は0.00001000XRP。
  • 0.00000500XRPで勝ち逃げ。
  • プレイヤーに賭け続ける。
  • 全10ゲーム。
-GAME START-

1回目勝ち

数列ベット額勝敗獲得金額収支
1回目100・200・200・200・3000.00000400XRP勝ち0.00000800XRP0.00000400XRP

1回目はプレイヤーで勝ち!
いい感じのスタートですね、0.00000500XRPで勝ち逃げするので、次勝てたら終わりです!

ベット額を変更

勝ったので右端に前回のベット額を追記します。
数列は「100・200・200・200・300・400」次のベット額は両端の数字を足した0.00000500XRPです。

2回目ドロー

数列ベット額勝敗獲得金額収支
2回目100・200・200・200・300・4000.00000500XRPドロー00.00000400XRP

2回目はドロー、引き分けだったので、次も同じ金額をベットします。

3回目負け

数列ベット額勝敗獲得金額収支
3回目100・200・200・200・300・4000.00000500XRP負け0-0.00000100XRP

あー、もう!負けちゃった!
しかもマイナスって・・・。
ここで勝てたら勝ち逃げだったのに・・・。

負けたので両端の数字を消します。
数列は「100・200・200・200・300・400」次のベット額は両端の数字を足した0.00000500XRP。
また同じ金額なので、そのままベットします。

4回目負け

数列ベット額勝敗獲得金額収支
4回目100・200・200・200・300・4000.00000500XRP負け0-0.00000600XRP

え!?2連敗?
このスピードだと、すぐ最大損失額に到達しちゃうよー。

ベット額を変更

負けたので両端の数字を消します。
いつものラブシェール法なら数字が消える度にポジティブな気持ちになれるんですけど、逆ラブシェール法って、数字が消える度に溜息が出ちゃいますね。
数列は「200・200・200・300」残った数字を足した0.00000400XRPをベットして負けたら終わりです。
もうちょっと耐えてー!!!!神様お願い!

5回目勝ち

数列ベット額勝敗獲得金額収支
5回目200・200・200・3000.00000400XRP勝ち0.00000800XRP-0.00000200XRP

ふぅー、助かったー。
神様ありがとー!

数列ベット額勝敗獲得金額収支
6回目200・200・4000.00000600XRP勝ち0.00001200XRP0.00000400XRP
7回目200・200・400・6000.00000800XRP負け0-0.00000400XRP
8回目200・200・400・6000.00000600XRP勝ち0.00001200XRP0.00000200XRP

9回目負け

数列ベット額勝敗獲得金額収支
9回目200・400・6000.00000800XRP負け0-0.00000600XRP

あー、負けた。
もうダメだ・・・。
次でラスト、勝ってもプラスにはならない・・・。

ベット額を変更

全10ゲームっていうルールも損切りと同じなので、守らないとダメなんですよね。
利益がないのはわかってますけど、これ以上マイナスを増やさないためにも、次に賭けるしかないですね。
負けたので両端の数字を消します。
数列は「200・400・600」最後に残った0.00000400XRPをベットしてゲーム終了です。

10回目勝ち

数列ベット額勝敗獲得金額収支
10回目200・400・6000.00000400XRP勝ち0.00000800XRP-0.00000200XRP

ラスト、プレイヤーで勝ち。
でも収支はマイナスだったのでゲームオーバーです・・・。

-GAME OVER-

ゲーム履歴

連敗して最大損失額をキレイに失うわけでもなく、中途半端に勝って、最終的にはマイナスっていう。
なんだかなぁーっていうゲーム展開でしたよね。
まぁちゃんと損切りラインが明確になってるので、損切り貧乏になるような中途半端なロスカットはしていませんけど、んー、なんか悔しいですね。

厚く張る

やっぱりダメ、このままじゃ終われないよ!
「2×」をクリックして、倍プッシュ!
厚く張って勝負に出ます!

11回目勝ち

ベット額勝敗獲得金額収支
11回目0.00000800XRP勝ち0.00001600XRP0.00000600XRP

イェイっ!厚張り成功!
これがホタル流の博打よ!おほほほほほ!

-MISSION CLEAR-

ゲーム履歴

逆ラブシェール法でプレイしてきましたけど、最終的には厚く張って勝ちました。
確かに細かく損切りして損切り貧乏になるのを回避するのは重要ですし、事前に設定した損切りラインを守ってロスカットするのも重要です。
でも、勝ち逃げできるならそれが一番いいわけなので・・・。

あー、やっぱりダメですよね、このプレイは、悪い見本でした。

事前に決めたゲーム回数、ベッティングシステムのルールは守らないと意味がないですから。
私も最後に負けた可能性は十分にありますし・・・。

ギャンブルって運ですけど、ルールも大事ですよね。
私のプレイはめちゃくちゃでしたけど、逆ラブシェール法は事前に設定した最大損失額以上負けずに済むので、損切りが苦手な人にはおすすめです!

興味がある人は試してね!